あらふぉ~自転車日記

ブルベとロングライドに燃えているけど、坂は苦手な40過ぎヲヤジです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BRM511京都600km(やっとかよ)レポ~後編

BRM511京都600km、九頭竜で仮眠を取った後、残り250kmに向けて再出発。

では後編へ出発~!
(前編はこちら。)


九頭竜オートキャンプ場を出発して目指すは油坂峠。
今は立派なトンネルが出来ているので峠の交通量は少ないです。
峠は勾配もそこまで厳しくなく、そもせも九頭竜湖に着いた時点で標高は稼いでいることもあり、気づけば頂上?ってな感じ(だったかな?(笑))
まぁ、そうは言っても一緒に走る皆さんからは置いてかれるんですけど~

峠を下ると岐阜県。
白鳥から南下ですが昨日の雨が嘘のようで、朝日が気持ちいいです。
靄がかかった中に青空と陽光のコントラストがちょっと幻想的。

20130512_01.jpg

20130512_02.jpg

郡上八幡の通過チェックを過ぎ、やや下り基調のコースを快調に進みます。

日が昇るとジリジリと気温も上がり、暑い一日の予感。
20130512_03.jpg

PC6を過ぎて長良川沿いのコースで一人のランドヌールに追いつきましたが、信号待ちでお顔拝見してビックリ。inainaさんでした。
inainaさんは一昨年のフレッシュで少しばかりお話を聞きましたが、生けるブルベ伝説、Legend of Brevet!とも言える達人。
オダックスジャパンのサイトにCan-Am Challengeレポが出てますね~。
ブルベに対するスタンスの部分や、休憩、休息の話など色々参考になるお話を聞けました^^

そこからはinainaさんも加わった5名で先を進みます。

関ヶ原からは京都ブルベの定番コースとも言えるルートに入りますので、帰ってきたな~感がします。

ところがやっぱり600km、長浜のPC7にはちょうど昼に到着ですが、そのときには眠気MAX・・・
(休憩中、完全にダウンしてる私)
20130512_06.jpg

コンビニ前でお昼を食べた後、すいません、私はここで少し寝ていきます。。。
ってことで皆さんとは別行動でコンビニの壁にもたれて仮眠。

横になってないのでそんなに眠れるはずもなく、結局15分ほど目を瞑って休憩しただけだったかもしれませんが、少し楽になったので再出発!!

530km地点、コースは長命寺への湖岸へ逸れる場所のファミマへ着いたらそこでみなさん休憩中です。
眠かったのは私だけではないようで日陰で横になってるので、まだ眠気残る私も仲間入りでしばし睡眠。

再びコースは湖岸に気持ちいいところを走り琵琶湖大橋のPC7へ。
20130512_04.jpg

最後は宇治川沿いの道を宇治を目指し走りますが、相変わらず交互通行の工事中地獄!!
いったいどんだけ工事してんのよ~~~!!って感じ。

最後ここを上ればあとは下りでゴール!!と思ってたらまた上り返しがあったりしたけど、18:50に無事ゴール!!

一緒に走ったみんなと記念撮影。
20130512_05.jpg

結局38時間弱かかりました。600はやっぱりこれくらい掛かっちゃうなぁ。
この程度の脚なのに岡山の600にエントリーしちゃった。。大丈夫かなぁ??

ゴールでブルベカードに記入して、スタッフにご挨拶。
皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

自転車を車に積んで、さて、ゴール部屋で仮眠するか、このまま帰るか。

眠くなったら途中で寝ようと思って20時ごろにゴール地点を後にしました。

走行距離:605.91 km
走行時間(グロス):37h50m
速度(Ave/Max):21.55/60.19 km/h
心拍(Ave/Max):144/183 bpm
ケイデンス(Ave/Max):66/132 rpm
獲得標高:5,287 m (どう考えても多すぎ・・・)


この後高速で帰路につきましたが、吹田SAでダウン。少し仮眠を・・・と思って寝たら気付けば23時!
自宅に着いたのはほぼ日も替わろうかという時間でした(笑)

↓参加してます。クリックよろしく^^
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
スポンサーサイト

| BREVET REPORT | 09:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした。

やはり600となると眠気との戦いですね。
夜が明けて、朝日を浴びて走るって、経験ないですが、一枚目の写真、ほんと綺麗です^^
眠い中、走る。一瞬寝て走る。このあたりの感覚、やっぱり一度は経験しときたいなと思っちゃいました。

| れがと | 2013/06/01 20:21 | URL |

完走、お疲れ様です。

やっぱり眠いんですね。私は本当に走れるのだろうか(・・;
しかし、湖岸沿いの森の中、昼間だとこんな素敵なコースなんですね。300だと夜で不気味な印象しか無かったです(笑)

| ぽてと | 2013/06/01 22:07 | URL |

>れがとさん

夜明けは太陽のありがたみをひしひしと感じてしまいますね~
朝靄はなんとも幻想的でした。
一瞬寝て走る、これは経験しない方がいいと思われます・・・(笑)

| ひで | 2013/06/03 01:43 | URL |

>ぽてとさん

ぽてとさんは私より地脚があるから眠くても途中で寝ればいいんですよ~(^_^)b
琵琶湖の湖岸道路、これが本当の姿ですよ~。走ったことないなら是非一度ビワイチしないとね~

| ひで | 2013/06/03 01:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bikelife55.blog61.fc2.com/tb.php/464-e652ce2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。