あらふぉ~自転車日記

ブルベとロングライドに燃えているけど、坂は苦手な40過ぎヲヤジです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンパ系ハブの玉当たり

ホイールハブメンテ(グリスアップ)は是非覚えておきたいメンテメニューかと。

ホイールをフルクラムしてカンパ系ハブ初体験の私ですが、自分なりにこれがいいなって思ったことをメモ代わりに記事にしようとしつつ、気が付けば1年ほったらかしにしてました(笑)

なので、以下に出てくるメンテの写真は去年の今頃のものです。
オフシーズンはメンテ時期、今年もこの記事を見ながらハブメンテでもしなきゃ(笑)


本題に入る前に、ハブの構造についておさらい。
但し、以下はカップ&コーンタイプのハブです。
(シマノは全ホイール、フルクラムはRacing3より上がこのタイプ、カンパはよく知りませんがフルクラムと同様ならゾンダ位からがカップ&コーンかな?)

模式図描くとこんな感じ。
20110131_1

赤い部分がフレーム側に固定、青い部分がホイール側で回転、黄色がベアリングです。

玉当たり調整とは下図で、
20110131_3

左のガタがある状態や、右の押し過ぎて回転に支障が出る状態ならないように、玉押し(コーン)の位置をここって場所で止めて適切なベアリング状態にすること。

シマノタイプは玉押しとその上からのナットがダブルナットになっており(上の図)、玉押しの位置を固定します。なので調整後、玉押しは外にも内にも動きません。


カンパタイプは玉押しはネジ切りされてません。
玉押し(青色パーツ)を位置決めリング(黄緑色パーツ)で止めて、上からロックボルト付きのロックリング(黄色パーツ)で押さえる形です。
20110131_4

実際のホイールでのパーツ構成はこんな感じ。
20110131_8
模式図と左右逆転してますが、Iが玉押し(青)、Gが位置決めリング(黄緑)、Dがロックリング(黄色)です。


さて、肝心のハブメンテ。
各工程の写真は撮ってません(^^;
いきなり全バラシ状態です。
20110104_6

途中の写真は以前教えを乞いましたmasaさんのブログなどを参照下さい。


で、私は玉押しをほんの少~しガタの出た状態で一旦フレームに取り付けてしまいます。
フレームに組んでハブ軸を固定すると、ホイール半径分のリーチによるテコの原理でハブの微妙なガタが手に伝わり易くなります。

カンパ系ハブのいいところはホイールをフレームにセットした状態(下の写真の状態)でも、ロックリングを回すことで玉押しの調整が出来ること。
20110131_5
(①がロックリング、②がロックボルトです)

そこでガタを無くして、ロックボルト締めれば完了。

フレームにホイールを取り付けてから最終調整するこの方法にはもう一つ、利点が。
ハブ軸はクイックで締め付けることで本当に僅かながら軸長は縮まります。
縮まることで、ホイール単体で調整した玉当たりは少しきつくなることに。
でも、フレームに固定した状態だと、この誤差を考慮しなくてよくなるって寸法。

まぁ実際には、そこまでの違いが分かるセンサーは持ち合わせていませんので、自分なりに最大限の調整をしたことでの自己満足が得られるってことだけですがね(笑)

カンパ系ハブはハブスパナも要らないし、調整は楽だと思います。
でも、ハブスパナでナット締め付けてるのも、いかにも調整してるなぁって気になって好きだったけどね^^

↓参加してます。クリックよろしく^^
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
スポンサーサイト

| MAINTENANCE | 00:55 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。

もの凄く解り易いハブの構造解説とイラストですね。
整備音痴の私でもハブメンテが出来る気がして来ました(しないけどw)。
こうやって愛車の構造を知っておくのも突然のトラブルに対する対応の練習になっていいものですね。
ブルベストはこうあるべきなんだろうなあ・・・

それでわ

| オカメーズ | 2012/02/10 07:09 | URL |

>フレームにホイールを取り付けてから最終調整
なるほどこんなやり方もあるんですね。目から鱗です(゚o゚;)

昨年は3.11の液状化被害や仕事の忙しさで自転車もほったらかしでハブのグリスアップもしてません。今年こそは距離感がおかしくなるくらい走りたいですね(笑)

| masa | 2012/02/10 10:21 | URL | ≫ EDIT

うわ!この図解はひでさん自作ですか?凄いわかりやすい!
ボクもフルクラムなんで、やってみようなぁ~^_^;
って思うだけで、多分・・・(笑)
それじゃいけないんですけどネ(泣)トホホ・・

| とすとん | 2012/02/11 00:05 | URL |

>オカメーズさん

ハブメンテ、出来ます出来ます^^
まぁブルベの最中にハブトラブルってことはないと思いますが、私はいろいろ弄りたいタイプの人間なんでしょうねぇ(笑)
そういう意味では、ホイール組ってしてみたいです。完組ホイールが一般になっちゃって、ホイール組むって機会ってもうほとんどないですから。ブルベ走るにはハブダイナモって飛び道具はありますけどね~^^

| ひで | 2012/02/11 10:51 | URL |

>masaさん

その節はおせわになりましたm(__)m
フレームに付けてからの最終調整、玉当たり具合こんなもんかなぁ~とセットしたら緩くてガタ、また外して調整するの面倒だなぁと思ったらそのまま出来てしまいました!って結果オーライ的に身につけた技でして(^^;
でも微妙な玉当たりを感じるには判りやすくていいなとおもってます。
液状化のその後は大丈夫だったでしょうかね?今年はガンガン走りたいですね^^

| ひで | 2012/02/11 11:03 | URL |

>とすとんさん

ちょこっと暇にまかせてこんなんかな?と描いてみました。ここちゃうで!と言われても修正は出来ません(面倒で)なのでご了承ください(笑)
ハブメンテ、やってみたら簡単だと思いますよ。
グリース新しくなって走りも軽くなったような気分になりますしね~(笑)
人に言う前に私もしなきゃ・・・ハブにワイヤー交換に・・・

| ひで | 2012/02/11 11:06 | URL |

これは下手なメンテ本より判りやすいですね。
といっても私には難しいなぁ。
でも出来ればより愛着が沸くでしょうね♪

| mozzmarr | 2012/02/11 21:39 | URL | ≫ EDIT

>mozzmarrさん

ありがとうございます^^
メンテって習うより慣れろって部分もありますからなんとかなるとは思いますけどね。
確かに自分でメンテすると愛着湧く気がしますね^^

| ひで | 2012/02/12 23:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bikelife55.blog61.fc2.com/tb.php/188-685acdce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。