あらふぉ~自転車日記

ブルベとロングライドに燃えているけど、坂は苦手な40過ぎヲヤジです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サイコン

'09/09/16

今日はサイクルコンピュータについて。

今使っているのはCATEYEのCC-RW400Wです。
もはや標準仕様となったワイヤレスです。
rd4dw.jpg

こいつを購入前に使っていたのはかなり古い有線のモデル(MITY3)ですので、ワイヤレスのすっきり感も○、デザインも結構気に入ってますの○。
サイコンを買い換えるにあたり、ケイデンス計の有無で大分悩みました。。

ケイデンス付きにするぞ!と決めた後は↓↓↓CC-TR200DW (V2c)↓↓↓とまたまた悩みました。
V2Cc.jpg

機能的にはV2cの方がだいぶ上ですねぇ。表示も3段で情報量多いし。とは言っても、走りながらこんなに沢山情報を確認できるのか・・・ってことはありますが(笑)

で、結局はお値段でRW400Wに決定しました。

RW400Wを使ってみての感想を。

1.取り付け
昔のワイヤーありモデルのように、ワイヤーをくるくる巻きつけて~とか、見栄えを気にする必要もないので、タイラップで固定したら基本はおしまい。

ところが、いまどきのバイクはチェーンステーがこんなふうにうね~~って曲がってるの多いですよね?
rd4dwcensor.jpg

ちょっとこのアングルじゃ分かりにくいんだけど、センサーをもうちょっと前に寄せるとホイールマグネットとセンサーが干渉します。でも、前にもってかないとケイデンスマグネットに反応しない~!!

ケイデンスマグネットを目一杯後ろ寄せてなんとか両方感知する位置見つけました(^_^;アセアセ
でもこれって、クランク165mmの人とか無理じゃないの・・・?と思ったりします。

で、CATEYEのサイト見てたら↓↓↓、V2cのセンサーはRW400Wと逆じゃん!
V2cinst.jpg
これ正解だよ。。。クランクがチェーンステーにビタビタくっついてるのは見たこと無いもんねぇ。

2.使ってみて
まずはケイデンス計。
ケイデンスはその瞬間の値を表示するのみで平均ケイデンスなんてものは計れません。なので、基本表示はケイデンスモード。
最初はほうほう、と思って見てましたが、脚の感覚でケイデンスって分かりますね。。
ただし、上り坂の時だけはどれだけの回転を維持しているかが確認できて○です。

その他、このモデルはオートスタート専用モデルです。最初から分かっていたものの、停車時含めた平均速度や経過時間(ストップウォッチ機能)がないのはやっぱり。。。
制限時間のあるセンチュリーやブルベ走る時って、やっぱり全行程(休憩含む)での平均速度って知りたくない?

3.結論
ケイデンス、あったら便利だけど、無くてもいいや。。(笑)
むしろ、ハートレートモニターの方が欲しくなってる今日この頃です(笑)

評価:★★☆☆☆
V2cは価格差以上の機能満載っぽいです。スペックマニアとしてはやっぱりV2c(またはV3)にしときゃよかったって気持ちで評価キビしめです。

↓よかったらプチっと
にほんブログ村 自転車ブログへ

スポンサーサイト

| PARTS | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bikelife55.blog61.fc2.com/tb.php/11-235981a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。